侍数独へようこそ!

侍数独は今日の数独から派生したサイトで、多くの数独が侍数独でも同時にリリースされます。


今日の数独

 

侍数独

  • 侍数独(合体―5)は数独変体の一種で、5つの数独から成り立っています。1つが中心に、それ以外の4つは一部が中心の数独の角と重なっています。1つの数独でそれぞれ答えを導き出すのではなく、5つの数独すべてが成り立つ唯一の答えを求めます。

侍数独

  • 侍数独(合体―5)は数独変体の一種で、5つの数独から成り立っています。1つが中心に、それ以外の4つは一部が中心の数独の角と重なっています。1つの数独でそれぞれ答えを導き出すのではなく、5つの数独すべてが成り立つ唯一の答えを求めます。

 

W数独

  • W数独は5つのパズルから成り立っており、アルファベットのWのように並んでいます。つまり、数字が5つのパズルの枠に正しく当てはめられる必要があることを意味しています。

W数独

  • W数独は5つのパズルから成り立っており、アルファベットのWのように並んでいます。つまり、数字が5つのパズルの枠に正しく当てはめられる必要があることを意味しています。

 

花数独

  • 花数独はレイアウト上に5つの数独があり、武士数独と似ています。しかし、重なり具合が武士数独とは大きく異なっています。中心のパズルが他の4つのパズルとほとんど完全に重なっているのです。

花数独

  • 花数独はレイアウト上に5つの数独があり、武士数独と似ています。しかし、重なり具合が武士数独とは大きく異なっています。中心のパズルが他の4つのパズルとほとんど完全に重なっているのです。

 

合体-3

  • 合体-3は3つの9×9の数独から成り立っています。つまり、数字が3つのパズルの枠に正しく当てはめられる必要があることを意味しています。

合体-3

  • 合体-3は3つの9×9の数独から成り立っています。つまり、数字が3つのパズルの枠に正しく当てはめられる必要があることを意味しています。

 

退屈数独2

  • 退屈数独は9個の重ならない9×9の数独で構成されています。パズルの中に10個目の9×9の数独が隠れており、10個目の数独は濃いグレーの網掛けで示されています。

退屈数独2

  • 退屈数独は9個の重ならない9×9の数独で構成されています。パズルの中に10個目の9×9の数独が隠れており、10個目の数独は濃いグレーの網掛けで示されています。

 

蝶々数独

  • 蝶々数独は原始的な数独です。4つの9×9のパズルから成り立っています。4つのパズルすべてで数字が正しく当てはめられる必要があります。

蝶々数独

  • 蝶々数独は原始的な数独です。4つの9×9のパズルから成り立っています。4つのパズルすべてで数字が正しく当てはめられる必要があります。

 

W数独

  • W数独は5つのパズルから成り立っており、アルファベットのWのように並んでいます。つまり、数字が5つのパズルの枠に正しく当てはめられる必要があることを意味しています。

W数独

  • W数独は5つのパズルから成り立っており、アルファベットのWのように並んでいます。つまり、数字が5つのパズルの枠に正しく当てはめられる必要があることを意味しています。

 

退屈数独1

  • 退屈数独は9個の重ならない9×9の数独で構成されています。パズルの中に10個目の9×9の数独が隠れており、10個目の数独は濃いグレーの網掛けで示されています。

退屈数独1

  • 退屈数独は9個の重ならない9×9の数独で構成されています。パズルの中に10個目の9×9の数独が隠れており、10個目の数独は濃いグレーの網掛けで示されています。

 

退屈数独2

  • 退屈数独は9個の重ならない9×9の数独で構成されています。パズルの中に10個目の9×9の数独が隠れており、10個目の数独は濃いグレーの網掛けで示されています。

退屈数独2

  • 退屈数独は9個の重ならない9×9の数独で構成されています。パズルの中に10個目の9×9の数独が隠れており、10個目の数独は濃いグレーの網掛けで示されています。

 

ダブル数独

  • 2つの9×9の数独から成り立ち、2つの数独で四角に当てはまる数字のルールを同時に満たす必要があります。

ダブル数独

  • 2つの9×9の数独から成り立ち、2つの数独で四角に当てはまる数字のルールを同時に満たす必要があります。

 

トリプル数独

  • トリプル数独は3つの9×9の数独から成り立っています。つまり、数字が3つのパズルの枠に正しく当てはめられる必要があることを意味しています。

トリプル数独

  • トリプル数独は3つの9×9の数独から成り立っています。つまり、数字が3つのパズルの枠に正しく当てはめられる必要があることを意味しています。

 

侍数独

  • 侍数独(合体―5)は数独変体の一種で、5つの数独から成り立っています。1つが中心に、それ以外の4つは一部が中心の数独の角と重なっています。1つの数独でそれぞれ答えを導き出すのではなく、5つの数独すべてが成り立つ唯一の答えを求めます。

侍数独

  • 侍数独(合体―5)は数独変体の一種で、5つの数独から成り立っています。1つが中心に、それ以外の4つは一部が中心の数独の角と重なっています。1つの数独でそれぞれ答えを導き出すのではなく、5つの数独すべてが成り立つ唯一の答えを求めます。

 

侍数独

  • 侍数独(合体―5)は数独変体の一種で、5つの数独から成り立っています。1つが中心に、それ以外の4つは一部が中心の数独の角と重なっています。1つの数独でそれぞれ答えを導き出すのではなく、5つの数独すべてが成り立つ唯一の答えを求めます。

侍数独

  • 侍数独(合体―5)は数独変体の一種で、5つの数独から成り立っています。1つが中心に、それ以外の4つは一部が中心の数独の角と重なっています。1つの数独でそれぞれ答えを導き出すのではなく、5つの数独すべてが成り立つ唯一の答えを求めます。

 

十字数独

  • 十字数独では5つの数独が合体しています。5つ全てのパズルで数字が正しく当てはめられる必要があります。

十字数独

  • 十字数独では5つの数独が合体しています。5つ全てのパズルで数字が正しく当てはめられる必要があります。

 

ダブル数独

  • 2つの9×9の数独から成り立ち、2つの数独で四角に当てはまる数字のルールを同時に満たす必要があります。

ダブル数独

  • 2つの9×9の数独から成り立ち、2つの数独で四角に当てはまる数字のルールを同時に満たす必要があります。

 

僧兵数独

  • 僧兵数独は中世の日本の僧侶から名付けられ、4つの枠が合体しています。どのパズルでも、必ず2か所、他と重なっています。

僧兵数独

  • 僧兵数独は中世の日本の僧侶から名付けられ、4つの枠が合体しています。どのパズルでも、必ず2か所、他と重なっています。

 

十字数独

  • 十字数独では5つの数独が合体しています。5つ全てのパズルで数字が正しく当てはめられる必要があります。

十字数独

  • 十字数独では5つの数独が合体しています。5つ全てのパズルで数字が正しく当てはめられる必要があります。

 

侍数独

  • 侍数独(合体―5)は数独変体の一種で、5つの数独から成り立っています。1つが中心に、それ以外の4つは一部が中心の数独の角と重なっています。1つの数独でそれぞれ答えを導き出すのではなく、5つの数独すべてが成り立つ唯一の答えを求めます。

侍数独

  • 侍数独(合体―5)は数独変体の一種で、5つの数独から成り立っています。1つが中心に、それ以外の4つは一部が中心の数独の角と重なっています。1つの数独でそれぞれ答えを導き出すのではなく、5つの数独すべてが成り立つ唯一の答えを求めます。

 

花数独

  • 花数独はレイアウト上に5つの数独があり、武士数独と似ています。しかし、重なり具合が武士数独とは大きく異なっています。中心のパズルが他の4つのパズルとほとんど完全に重なっているのです。

花数独

  • 花数独はレイアウト上に5つの数独があり、武士数独と似ています。しかし、重なり具合が武士数独とは大きく異なっています。中心のパズルが他の4つのパズルとほとんど完全に重なっているのです。

 

十字数独

  • 十字数独では5つの数独が合体しています。5つ全てのパズルで数字が正しく当てはめられる必要があります。

十字数独

  • 十字数独では5つの数独が合体しています。5つ全てのパズルで数字が正しく当てはめられる必要があります。

 

日本語 | 中文 | English


© samuraisudoku.com All rights reserved 2019-2020